難消化性デキストリンダイエットでマイナス5kg痩せました

私が大学生時代に行ったダイエット法を紹介します。

まず、食事ですが、朝ごはんを抜いてお昼には難消化性デキストリンを食べ、夜はなるべく早めに食べるようにしました。

間食は控えることを心がけました。野菜→スープ→メインディッシュ→ご飯の順番に食べ、20回~30回以上噛むとドカ食いは抑えられるようになりました。

それで5kgは痩せました。しかし、途中で元の食生活に戻ってしまい、食べる量こそ減ったものの3kgリバウンドしてしまいました。

そしてこれはダイエット成功なのか危ういですが、夏休みに夏バテをしてしまい1日に1食しか取らない日が続いたことがありました。

それから1度胃がリセットされて小さくなったのか、夏バテが治った後も1日2食(朝ごはん抜き)で十分になり、次第に体重は減っていき、結果2kg痩せました。

その時も難消化性デキストリンをお昼ご飯の代わりに食べていました。

要するに今はやりの難消化性デキストリンダイエットを当時の私はやっていたのでした。

健康的にはあまり良くないかもしれませんが、私はこれで5kg痩せました。周りの友人も私と同じ方法で痩せた子もいます。

そして下半身(特に太もも)太りで悩んでいたのですが、夜寝る前に脚のマッサージを毎日行うことで多少は改善されたと思います。

YouTubeにあげられている動画を参考にしました。他には脚を組んだり正座をしないようにしています。脚痩せするにはとにかく日々の積み重ねなので、毎日続けることが大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です